2006年06月28日

熊谷和徳×coba@青山円形劇場

タップダンスやっぱり始めようかなぁ。やりたいなぁ。


それにしても。圧倒的に青山円形劇場は箱がいいですね。
円形でやるってだけで行きたくなります。


タップの熊谷和徳さんとアコーディオンのcobaさんのコラボ。
どうなることかと想像がつかなかったけど、よかったぁ。

やっぱりリズムは流れる音楽と一緒だからこそ生きるんだなぁ。
オーケストラやバンドのリズムセクションとしてタップが在るよりも、シンプルに一つの楽器と、しかも音に幅のあるアコーディオンと合わせた方が抜群に良い。
あんなに自由で格好いいパフォーマンスはなかなか、なかなか。


それにしても円形の影のできかたとかタップと呼応する照明とか入口に立ってずらりとダンサーが取り囲む演出。
全部ここならではでよかったなぁ。

posted by tomoco at 18:30| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。